読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケイクス加藤さんに訊ねてほしいハックルさんのこと

今週の水曜日にこういう番組があるらしい。

 

cakes(ケイクス)VSブロマガ~どうなる? ネットとクリエイターの未来~加藤貞顕×川上量生×ハックル

 

雑誌形式の電子書籍ともいえるケイクスとブロマガの比較と、今後のネットとクリエイターの行方はどうなるか、みたいなのが番組のテーマらしいが、、そんなことはどうでもよくて問題は司会のハックルさんこと岩崎夏海氏である。

 

岩崎夏海氏といえば、はてなブックマークではファンとアンチを両方とも大量に獲得し、どっちかというとアンチあるいはややうさんくさい目で見ているひとのほうが多いかなという超有名ブロガーだ。

 

彼が数年前に、『もしドラ』こともし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』を出版し、大ベストセラーになったことはネットの一部、つまりはてな界隈では大きな驚きだった。

 

まさか彼がそんな世間的な大成功を収めるような人物だったとは、みんな思っていなかったのである。

 

今にいたるまでもネットの少なくともはてな界隈では『もしドラ』の評価もハックルさんの評価もとても低い。でも、売れた。とてつもなく売れた。この事実をどう解釈するべきかはネットの数多のハックルさんウォッチャーにとっても重要な問題であった。

 

事実はともかくとして、なにかの間違い、あるいは運が良かっただけ、と思いたいのがアンチハックルさん達の正直な気持ちだろう。

 

ぶっちゃけ僕自身も『もしドラ』を読んだとき、つまらないし、くだらない、と思ったし、まさかこんなに売れるとは予想だにしなかった。少なくともマーケティングに関わる人間としては『もしドラ』が売れることを予見できなかった僕は大いに恥じ入るべきだろう。それでもなお、いまだ未練がましくも、つい考えてしまうのだ。

 

もしドラ」って本当に面白いの?

 

ハックルさんて、本当に才能あるの?

 

これはハックルさんのファンあるいはアンチを問わず、ハックルさんに関する究極の疑問であり謎だといえよう。

 

そこで今回の放送に登場するケイクス加藤貞顕氏である。

 

加藤さんは、ピークオブケイク社を創業し電子雑誌ケイクスを立ち上げる前はダイヤモンド社の編集者をやっていて、なんと『もしドラ』も彼が担当していたのだ。

 

ハックルさんとはなにものか、もしドラとはいったいなんだったのか、という疑問をぶつけるのに彼より適任なひとはいないだろう。明日、対談するドワンゴ川上量生氏にはぜひ以下の質問を加藤さんにぶつけて欲しい。

 

(1)『もしドラ』という本の中身について加藤さんはどの程度かかわったのか?また、本のマーケティングプランを立てたのは加藤さんなのか岩崎さんなのか?

(2)ぶっちゃけ『もしドラ』を150万部も売った本当の功労者は作者岩崎夏海と編集者加藤貞顕のどっち?

(3)加藤さんは岩崎夏海氏には、A:才能がある or B:才能がない。どっちだと思っている?

(4)無難にAと答えるだろう加藤さんに尋ねます。ケイクスを立ち上げるときに才能もありパートナーとして大成功した仕事もしたことのある岩崎夏海氏に執筆者の一人として声をかけなかったのはどうしてなのでしょうか?

(5)人間岩崎夏海についてどう思いますか?ぶっちゃっけ人格的にどう評価していますか?

 

ほぼ毎日更新をしているハックルさんのブロマガを読むにつけ、あらためて、彼の実力は本物だと感じます。

 

ブロマガの発表会で月額840円は高いんじゃないかという指摘に対して、岩崎夏海氏は、それに見合う記事を書くように自分を奮い立たせるんだと主張していましたが、いまのところ彼のいうとおりのクオリティを実現できているようにみえます。数あるメルマガのなかでハックルさんのが今一番面白いし、いろいろ考えさせられる斬新な視点を与えてくれる、そういう記事を書いています。なぜ、彼をケイクスの看板にもっていかなかったのか?よほど付き合うのがめんどくさい人なのか?

 

多くのひとが感じているハックルさんの自己承認要求の強さ、自意識の過剰さ。それを彼自身は’わざと”演じていると主張しているが、おそらく、だれも信じてないだろう。彼は本当に天才なのかどうか?ただ、天才とはえてして人格面に偏りがでるものである。ネット以前は一般人が知ることのなかった天才の内面をたまたま、ぼくらは目撃しちゃっているだけなのかもしれない。

 

もうひとつハックルさんの人格形成に影響あったかもしれない重要な要素として、ハックルさんはもし天才だとしても、これまた別の天才秋元康の付き人として長く側にいたことがある。秋元康はハックルさんの才能を見いだしていたのかそうでないのか?『もしドラ』が大ヒットしたあとは、あいつは昔から見所あったとか過去が塗り替えられている可能性も高いように思うが、実際のところはどうだったのか?おそらくはもんもんとした思いを秋元康の側で抱えていたのではないだろうか?

 

とにかくハックルさんが、ネットでいま一番面白い。